富士山
富士山

日本の誇る象徴

富士山は、山梨県と静岡県の県境に聳える日本最高峰の山です。標高3776mの活火山で、日本百名山の一つであり、国の特別名勝に指定されています。2013年には、世界遺産に登録されました。

初狩PAから富士山

初狩PAから富士山

富士山は、均整の取れた円錐形で、優れた景観をしています。富士山の山頂からの日の出は、「ダイヤモンド富士」と呼ばれ、朝焼けは「赤富士」として葛飾北斎の浮世絵など多くの絵画に採り入れられています。頂上の上空に蓋を被せたようにかかる傘雲も独特の景観として有名です。傘雲は、気象条件により様々な形で現れ、二重になったり下流に数個連なって出現する場合もあります。

三国峠より富士山

三国峠より富士山

山部赤人・西行など多くの和歌や「竹取物語」以来多くの小説に取り上げられ、葛飾北斎・歌川広重などの浮世絵や横山大観などの絵画も数多く、銀行券(お札)のデザインにも多用されています。
古くから山岳信仰の対象とされ、平安末期には、修験道の道場として信仰が広まっていました。富士山の神霊の浅間大神を祀る浅間神社は、静岡県富士宮市の富士山本宮浅間大社を総本宮として全国に1300社を数えます。

富士山と六本木ヒルズの展望

富士山と六本木ヒルズの展望

登山ルートは、4つあります。山梨県側からは、吉田ルート、静岡県側からは、須走ルート、御殿場ルート、富士宮ルートがあります。吉田ルートは登山口で既に2300mの標高があり、登山道には山小屋も多く最も人気のあるコースです。
最もオーソドックスな登り方は、途中の山小屋で仮眠を取り、頂上で御来光(日の出)が拝める時間に合わせて夜間登山を行う方法です。山小屋で仮眠を取ることで高度に順化し高山病対策となり体調も整えることができる利点があります。夏の夜明け前に麓から富士山を眺めると、登山道に沿ってランプの列が頂上に向かって伸びているのが確認できます。近年は、麓に前夜到着して、そのまま山頂まで往復するいわゆる弾丸登山によって、高山病の発症を招いたり事故を起こしたりするケースが多発しており、社会問題化しています。

富士山

富士山

富士宮ルート以外では、登山道と下山道は分けられており(御殿場ルートは一部)、一方通行となっています。御殿場ルートと須走ルートでは、下山時に砂の斜面を走って下れる砂走りがあります。
頂上には、噴火口の縁を一周するお鉢巡りコースがあります。御中道コースと呼ばれる山腹を水平に辿るコースもあります。かつては一周する登山道がありましたが、現在は北側の吉田口から西側の大沢崩れまでの約4分の1周を歩くことができます。
山梨県側には、外輪山との間に富士五湖(山中湖、河口湖、西湖、本栖湖、精進湖)があり、リゾート地となっています。
周辺地域には、富士山の地下水が長い年月を経て湧きだしている忍野八海、柿田川などの湧水が各地にあります。

 

About

コメントを残す

[TOP]