松本城

日本にたった5つしかない国宝天守の一つ

松本城(まつもとじょう)は、長野県松本市にある平城で、安土桃山時代末期あるいは江戸時代初期(建造年には諸説あり)に建造された天守は、犬山城、彦根城、姫路城、松江城とともに国宝に指定されています。1590年の移封で城主が小笠原秀政から石川数正に替わり、その子康長により天守の築造工事が開始され、城郭の整備も行われました。康長改易後、1914年に小笠原秀政が再び入城し、一説には1915年に天守が完成したとも言われています。その後、水野家・戸田松平家が居城としました。
明治時代になると、1872年に天守が競売にかけられ解体の危機に瀕しますが、市川量造(長野県初の日刊新聞社である信飛新聞社社長)などの尽力によって買いもどされ現在に引き継がれています。
松本城は三重の水堀に囲まれ、それらは、「内堀」、「外堀」、「総堀」と呼ばれます。北側では内堀と外堀が一体化しています。内堀の中が天守と御殿のあった「本丸」、内堀と外堀の間が2棟の御殿が建っていた「二の丸」、外堀と総堀の間が武家屋敷のあった「三の丸」です。総堀の外には善光寺街道が南北に貫通する城下町が広がり、町家が軒を連ね、その外側には社寺が集められていました。
現在松本城に入場できるのは南側の黒門に限られています。5重6階の大天守は北側の小天守と渡櫓で連結され、東側に辰巳附櫓・月見櫓を配して複合連結式天守となっています。外壁は黒漆塗の下見板が張られ、全体が黒くシックな印象となっています。天守内は公開されており、本物の城だけあって最大斜度61度の急で狭い階段を昇り降りして登城することになります。階段の数は全部で約140段あります。3階には、天井が低く窓のない屋根裏部屋のような空間があります。天守内の観覧所要時間は、通常約1時間弱です。

About

コメントを残す

[TOP]